憤怒|境界性パーソナリティ障害

憤怒(ふんぬ)

 境界性パーソナリティ障害の人は、些細なことから激しい怒りを噴出させます。激しい感情をコントロールすることができません。
 周囲の人から見ればたいしたことがないと思われることにも、急に怒りを爆発させ、次のような行動を起こします。

  • 激しく避難する。
  • 暴言を吐く。
  • 物を壊す。物を投げつける。
  • 相手を殴る。

境界性パーソナリティ障害

 それまで穏やかにしていたのに、急に人が変わったかのように怒り出します。周りの人は驚き、恐れ、動揺させられます。本人をなだめようとしても、納得させることは難しいです。家族や職場の人間関係が破綻することもよくあります。
 怒りの奥には、「見捨てられた」「誰も分かってくれない」「自分は悪くないと」いった本人にもわからない複雑な感情が渦巻いています。怒りがおさまると自己嫌悪に陥ったりします。

 

怒りをぶつける対象になりやすい例
  • 本人が思春期や青年期では、いっしょに暮らしている家族に。
  • 勤務先の上司が部下に対して怒りをぶつける。
  • 店員さんの態度が悪いと怒る。

 

こんなことがきっかけになる
  • メールの返事が遅い。
  • スマホをいじりながら話された。
  • 冗談でからかわれた。
  • 目を見て話してくれない。
  • 順番を抜かされた。

憤怒|境界性パーソナリティ障害関連ページ

二極思考
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の患者には、二極思考の症状が現れます。
衝動的行動
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の患者には、衝動的行動の症状が現れます。
不安定な対人関係
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人には、見捨てられ不安という不安定な対人関係が見られます。
対人操作
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。対人操作は境界性パーソナリティ障害の特徴的な症状です。
空虚感
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、虚無感や無力感にさいなまれる症状が見られます。
抑うつ
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、抑うつが見られます。
被害妄想
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、被害妄想をしがちです。ときには幻聴や昏迷といった症状が見られることもあります。
自己同一性障害
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、自己同一性障害があります。
自傷行為
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人には、自殺未遂や自傷行為を行う人がいます。