対人操作|境界性パーソナリティ障害

対人操作

 対人操作とは、自分を有利にするために、嘘をついたり、悪口を言ったりする行いです。境界性パーソナリティ障害の患者に見られる特徴的な行動です。

 

なぜ対人操作をするのか

 対人操作を行う根底には次のような気持ちがあります。

  • かまってほしい。
  • 見捨てられるかもしれない。
  • 自分の思い通りになってほしい。
  • 他の人と仲良くしてほしくない。

 

攻撃するための対人操作

 境界性パーソナリティ障害の人は、攻撃のために嘘をついたり、悪口をいったりします。些細なことなどで見捨てられたと感じ、その人を恨み、窮地に陥れようとするのです。「あの人は不倫している」「あの人は借金が多いらしいよ」などと根も葉もないことを吹聴します。

 

依存するための対人操作

 かまってほしいため、その人だけに悩みを打ち明けたりします。

 

医師が対象になることも

 家族が言うことを聞いてくれなくても、主治医の先生なら聞いてくれるだろうと、主治医に嘘をつくなどの操作をすることもあります。そのため、医師や看護師が混乱することも少なくありません。

対人操作|境界性パーソナリティ障害関連ページ

憤怒
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、些細なことから激しい怒りを噴出させます。
二極思考
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の患者には、二極思考の症状が現れます。
衝動的行動
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の患者には、衝動的行動の症状が現れます。
不安定な対人関係
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人には、見捨てられ不安という不安定な対人関係が見られます。
空虚感
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、虚無感や無力感にさいなまれる症状が見られます。
抑うつ
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、抑うつが見られます。
被害妄想
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、被害妄想をしがちです。ときには幻聴や昏迷といった症状が見られることもあります。
自己同一性障害
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、自己同一性障害があります。
自傷行為
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人には、自殺未遂や自傷行為を行う人がいます。