被害妄想|境界性パーソナリティ障害

被害妄想

 境界性パーソナリティ障害の人は被害妄想をしがちです。ときには幻聴や昏迷といった症状がみられることもあります。

 

 被害妄想とは自分の周りで起こった出来事を悪いように解釈して自分が攻撃されているように思い込む症状です。そして、自分の悪口が聞こえてくる幻聴や、無反応・無言になる昏迷なども現れることもあります。

 

 この症状の根底には見捨てられ不安や何でも白か黒かで考える二極思考といった境界性パーソナリティ障害の特性があるといえます。

 

統合失調症との違い

 被害妄想や幻聴などの症状がみられるので以前は統合失調症と誤診されることも少なくありませんでした。しかし、統合失調症とははっきりとした違いがあります。それは一過性かどうかの違いです。境界性パーソナリティ障害の被害妄想や幻聴は、わりと短期間できれいに治ります。一方、統合失調症では根気強い治療が必要で、必ずしも治るとは限りません。ちなみに境界性パーソナリティ障害の”境界”とは、統合失調症と不安障害の間という意味です。
 →境界性パーソナリティ障害と併発しやすい精神疾患

被害妄想|境界性パーソナリティ障害関連ページ

憤怒
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、些細なことから激しい怒りを噴出させます。
二極思考
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の患者には、二極思考の症状が現れます。
衝動的行動
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の患者には、衝動的行動の症状が現れます。
不安定な対人関係
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人には、見捨てられ不安という不安定な対人関係が見られます。
対人操作
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。対人操作は境界性パーソナリティ障害の特徴的な症状です。
空虚感
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、虚無感や無力感にさいなまれる症状が見られます。
抑うつ
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、抑うつが見られます。
自己同一性障害
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、自己同一性障害があります。
自傷行為
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人には、自殺未遂や自傷行為を行う人がいます。