自己同一性障害|境界性パーソナリティ障害

自己同一性障害

 境界性パーソナリティ障害の人には、自己同一性障害があります。自己同一性障害は、自分がどんな人かわからないという症状です。なにが欠けているかわからない、もやもやとした不完全な感情に苛まれます。

 

自己同一性障害の原因

 自己同一性とは、自分の感覚としても、社会から見ても一貫性のある安定した自己の性質のことです。アイデンティティと同じ意味です。
 人は、自分がどこの国に住む何人で、こういう家庭や地域で育ち、こういう仕事をしているなど、一貫した自己像を持っています。幼い頃はそれがはっきりしませんが、成長とともに、社会に出て年齢を重ねるとともに、確立されていきます。
 境界性パーソナリティ障害の人は、そうした自己同一性を固めていく過程がうまくいっていません。

 

適切な判断ができない

 自分がどのような人かという感覚が不確かなため、いろいろな判断や行動がうまくいきません。
 例えば、

  • 簡単に他人から強い影響を受けてしまう。
  • 他人と自分を区別できなくなり、他の人と自分を重ね合わせて同じように感じたりしてしまう。
  • こういった判断や行動が受け入れられないと、怒りや抑うつ感で心がいっぱいになる。

 

解離性症状が現れることも

 強いストレスによって、自分の考えや感情、意識の一部が、他の部分から切り離される状態を解離といいます。
 解離の症状には次のようなものがあります。

  • 解離性健忘、解離性遁走(自分の行動に記憶が無いこと)
  • 解離性同一性障害(=多重人格)(自分の一部が、他の人から見るとまるで別人の振る舞いのようにみえること)
  • 離人症性障害(自分が自分でないように感じる)

 境界性パーソナリティ障害の人では、抑うつ感や怒りにおそわれた時に、解離性症状が起こることがあります。

自己同一性障害|境界性パーソナリティ障害関連ページ

憤怒
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、些細なことから激しい怒りを噴出させます。
二極思考
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の患者には、二極思考の症状が現れます。
衝動的行動
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の患者には、衝動的行動の症状が現れます。
不安定な対人関係
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人には、見捨てられ不安という不安定な対人関係が見られます。
対人操作
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。対人操作は境界性パーソナリティ障害の特徴的な症状です。
空虚感
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、虚無感や無力感にさいなまれる症状が見られます。
抑うつ
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、抑うつが見られます。
被害妄想
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人は、被害妄想をしがちです。ときには幻聴や昏迷といった症状が見られることもあります。
自傷行為
境界性パーソナリティ障害の症状を紹介します。境界性パーソナリティ障害の人には、自殺未遂や自傷行為を行う人がいます。